業務案内

司法書士っていったい何者?

司法書士っていったい何者?

例えば、会社を設立したい、不動産の名義を変えたい、突然解雇された、訴えたい、といったような場合に、それに関する書類を作成したり、登記申請や訴訟の代理人になったり、アドバイスをしたりします。市民にとって最も身近な法律家と言えるでしょう。(訴訟の代理人については、認定司法書士が簡裁レベルで就任することができます。)

相続・遺言・会社設立・不動産登記・裁判手続きなら

相続・遺言・会社設立・不動産登記・裁判手続きなら

★相続・遺言 
事業承継、遺言書作成、遺言執行、成年後見、
遺産分割調停・審判、相続財産管理人選任審判、   
相続放棄等 
相談事例
  相続
・相続の放棄や限定承認をしたい。
・遺言執行者を選任してもらいたい。
・遺産分割の協議がまとまらない。
・遺産分割につき特別代理人を選任してもらいたい。
・相続人の一人が認知症で協議ができない。
・遺留分減殺請求をしたい。
・相続人がいないので相続財産管理人を選任したい。
・行方不明者がいるので不在者の財産管理人を選任したい。
  遺言
・父に隠し子がいる場合
・妻が亡き夫の両親の面倒をみている場合
・相続人のいない場合、全財産は国庫に帰属
・子がいないため相続時に居住不動産が危うい場合
・会社を長男に円滑に承継させたい場合
・相続人に行方不明者がいる場合
・別居の妻と同居の内縁の妻がいる場合
  その他のご要望にもお答えします
               詳しくはこちらへ


★事業承継
               詳しくはこちらへ


★登記

商業・法人登記】  
会社設立、合併、増資
組織変更(合同会社・合名会社から株式会社へ)、
役員変更、事務所移転、支店設置、定款作成等
相談事例
・取引先の要望等のため個人事業を会社組織にしたい
・新規参入や規模拡大のため特例有限会社や合名会社を株式会社にしたい
・事情があることから役員を変更したい
・現物出資やその他現金出資以外の方法でうまく増資をしたい
・その他のご要望にお答えします。

               詳しくはこちらへ                  
【不動産登記】 
売買、贈与、相続、賃貸借、抵当権設定・抹消、質権、
地役権等
相談事例
・売り手と買い手がきまっているので、仲介業者なしで土地建物を売買したい
・親子間や夫婦間での贈与をしたい
・離婚に伴い財産分与を検討している
・お金を貸す際に不動産を担保にとっておきたい。
・相続人全員の合意が成立しているので不動産の名義を承継者に移したい
・その他のご要望にもお答えします。
      
         詳しくはこちらへ


★裁判手続き  
建物明渡請求、売掛金請求、貸金請求、
労働事件(解雇、給料不払い)
損害賠償請求(交通事故等)、離婚等
相談事例
・建物の借主が家賃を滞納しているので、その建物を明け渡してもらいたい
・商品を売ったのにその代金を支払ってくれないので、困っている
・貸したお金が戻ってこないので、取り返したい。
・給料の不払いや突然の解雇に困っている
・離婚の協議がまとまらないので、裁判手続きを利用したい
・交通事故の被害者なのに、加害者が任意保険に加入していないため賠償金の支払を受けていない
・その他のご要望にもお答えします。
              詳しくはこちらへ

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

・初めてのお客さま、個人のお客さまを歓迎します
・SOHO、小規模会社のお客さまを歓迎します
・女性、年配のお客様を歓迎します
・司法書士本人が最後までていねいに説明・応対します
・インターネットを通じたお客さまとの関係作りに努力しま
 す