遺産整理業務

遺産整理業務とは

 尾崎司法書士事務所では、相続人の皆様からのご依頼により相続財産の管理・処分の業務(遺産整理業務)を承っております。業務内容の概略は次のとおりです。
1.相続人の調査及び確定
2.相続財産の調査及び特定
3.遺言書の存否の調査
4.遺産分割協議につき各相続人への連絡・調整
5.不動産の相続による所有権移転
6.金融機関の預貯金・出資金等の解約・名義変更、株式、投資信託等の名義変更等
7.生命保険金等の請求
8.相続財産の換価及び各相続人への換価金の分配
 

遺産整理業務は、法令上、司法書士と弁護士のみに認められた正当な業務です。
                                                            くわしくはこちら

 

以下のご要望、お任せください

・相続人の中に、面識のない人、あるいは接触したくない人がいるので、その人との連絡窓口となってもらい、その人への相続財産の分配まで完了させてほしい。
・遺産の目録をきちんと作ってもらい、遺産を正確かつ公平に分配してほしい。
・遺産の範囲、分配、その他遺産相続全般につき、手続き終了後においてまで後あと問題を残したくない。
・何から手を付けてよいかわからず、後回しになっている。
・仕事が忙しくて時間がない。
・平日に休みが取れないので役所や銀行へ行けない。
・預金や株式が多数あり煩雑な手続きとなるので、自分たちの代わりにやってほしい。
・相続人の一人が行方不明で遺産相続手続きが進まない。

 

 

 

 

 

 

円満解決を目指す遺産整理業務

遺産整理業務とは、代理人として相続人の皆様からの委任に基づき、遺産分割協議に従って、各相続人に対し遺産を承継分配する業務のことです。  
当事務所では、公平中立的な立場で、遺産相続が円満解決することをサポートいたします。遺産相続が紛争に発展すれば、家庭裁判所での争いとなり、時間と費用がかかるのみならず、多大な精神的な負担を強いられ、そのあげく、せっかく円満だった親族関係に大きな亀裂が残ってしまうことが予想されます。遺産を残した被相続人は、そのような事態に陥ることなく、相続人全員が納得できる円満な解決を望んでいるはずです。親族間の亀裂が残りますと結果として精神的にすっきりすることができず、場合により将来にわたって何らかの支障が生じないとも限りません。
当事務所では、繊細な部分も配慮し、遺産相続の円満解決に向けて努力する所存でございます。
ただし、相続人間で激しい対立があり、既に話合すらできないことが明白な場合など、法的紛議の生ずることがほぼ不可避と認められる事情がある場合には、遺産整理業務の範囲を超えますので弁護士にご依頼ください。その場合でも当事務所へご依頼なさる場合は、遺産分割調停審判に必要なあらゆる書類の作成および提出を通じてサポートする形となります。



司法書士(弁護士)のみできる遺産整理業務

遺産整理業務は、法令上、司法書士(弁護士)にのみ認められた正当業務で、その根拠は、司法書士法第29条、および司法書士法施行規則31条です。司法書士は、当事者その他関係人の依頼により、他人の財産の管理若しくは処分を行うことを業務とすることができます。つまり、相続人の依頼により、相続財産の管理若しくは処分を行う業務をすることができるということです。この業務は、平成14年の司法書士法改正にともなって司法書士ができるようになった業務で、司法書士事務所とはいえ、この業務を手掛けている事務所は多くはありません。
当事務所は、早い時期から遺産整理業務に着手しておりますので、ご安心してご依頼ください。

 

司法書士法施行規則
第三十一条  法第二十九条第一項第一号 の法務省令で定める業務は、次の各号に掲げるものとする。
一、当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱により、管財人、管理人その他これらに類する地位に就き、他人の事業の経営、他人の財産の管理若しくは処分を行う業務又はこれらの業務を行う者を代理し、若しくは補助する業務